5555
 8日午後4時45分ごろ、浜松市中区南伊場町のJR東海の浜松工場で、試運転のため走行していたN700系の新幹線車両(16両、約400メートル)が脱線した。同社によると、脱線したのは9~11号車で、車内に乗客はおらず、けが人はなかった。脱線の影響で2号車部分が市道と交差する踏切で立ち往生し、約5時間、市道が通行できない状況になった。
 同社によると、脱線したのは営業用車両で、工場で点検を受けていた。当時は時速5キロで走行中だったという。この踏切付近では2008年10月にも新幹線の試験車両が脱線している。同社が原因を調べている。
 午後10時ごろ、1~8号車を後続と切り離して移動させ、踏切上の立ち往生を解消。市道は午後10時過ぎに通行できるようになった。
http://news.livedoor.com/article/detail/13448524/