ちょり子のメモ帳

気になったニュース等を記録しています

お知らせ

現在引越し中
移動が完了した記事は順次削除します

リンスの魅力とは

リンスって77

漫画の選考の仕方

1503536621008

北ミサイル「迎撃難しい」で一致…森本・伊藤氏

53926_59820_2922
森本敏・元防衛相と伊藤俊幸・元海将が22日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、北朝鮮の弾道ミサイルについて議論した。

 北朝鮮が日本上空を通過して米領グアム周辺に弾道ミサイルの発射を予告していることについて、森本氏は「米国が対話の道筋を作ることがない限り、実際に発射すると思う」と予測。伊藤氏は「ちょっとぶれただけで本当に米国の領海に入る。(米国が)自衛権行使を宣言する根拠になる」と指摘し、発射しない可能性に言及した。両氏とも、日本の現在のミサイル防衛態勢では「迎撃が難しい」との見解で一致した。
http://news.livedoor.com/article/detail/13507218/

高齢者による暴行の摘発人数が急増 10年前から比べて4倍超にも

0db58_368_4b06c7fd89f61a22df99412a831ae021

傷害や暴行などでの高齢者(65歳以上)の摘発人数が、人口増加を上回るペースで急増していることが20日、国の統計から分かった。

 特に暴行の摘発は10年前から4倍超に激増。些細(ささい)なトラブルから他人に手を出すケースが多発し、火炎瓶や爆弾などで無差別に他人を傷つける重大事件も起きている。専門家は、“キレる”高齢者が増えている背景に、社会の変化に伴う高齢者の「孤立」があると指摘する。

 昨年3月、兵庫県加古川市の公園で、たばこのポイ捨てをとがめられた70代の男が「カッとした」として当時小学1年の男児の首を絞め、暴行容疑で逮捕された。京都府舞鶴市でも同年10月、電話を借りるため市民センターを訪れた70代の男が申し出を断られて激高、つえで男性職員を殴る暴行事件があった。

 さらに同年8月に東京都杉並区の夏祭り会場に火炎瓶が投げ込まれた事件では、当時1歳の子供を含む男女16人が負傷。犯行後に自殺した当時68歳の男は、以前から知人に「サンバの音がうるさい」などと不満を漏らしていた。2カ月後の10月にも、宇都宮市の公園で元自衛官の男=当時(72)=が爆発物で自殺し、巻き込まれた無関係の3人が重軽傷を負った。

 攻撃的な高齢者の増加傾向は統計にも表れている。

 28年版犯罪白書によると、刑法犯全体の認知件数が減少傾向にある一方、高齢者の刑法犯の摘発人数は高水準で推移。特に傷害や暴行などの粗暴犯は右肩上がりで、27年の摘発人数は傷害1715人、暴行3808人と10年前からそれぞれ約1・6倍、約4・3倍に増加した。これは同期間の高齢者の人口増加の割合(約1・3倍)を上回る。

 新潟青陵大大学院の碓井真史教授(社会心理学)は「加齢によるパーソナリティーの変化は大きく分けて、思慮深く優しくなる『円熟化』と、感情の抑制が利かなくなる『先鋭化』の2つがある。先鋭化では、感情を制御できずに些細なトラブルが暴力につながる」と説明する。

 高齢者が先鋭化する背景には、核家族化や雇用の流動化、年長者を慕い敬う伝統の消失など社会構造の変化があるとされる。激高などの行動は孤立した状況で起こりやすく、女性に比べて変化への順応が苦手な男性で顕著になるという。

 碓井教授は「人は孤立すると攻撃的になるとの実験結果もある。高齢者より若い世代にも同傾向が出始めており、日本の中高年は危機的状況だ」と指摘した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13500832/

記事検索